4K時代の時代劇

4K時代の時代劇

 

4K時代の時代劇が鮮明に映ってしまが

ゆえの苦労があるというような記事がありました。

 

カツラもよほど加工をしないと見えてしまいますし

特殊メイクレベルで時間がかかってしまうと

いうこと。

 

CGもまだそこまでの技術には達していない。

セットもまた見えすぎてチープな感じになって

しまう。

 

作り物の要素が大きければ大きいほど

鮮明に映ると問題になるようなことが

起こってきますね。

 

確かにそのとおりで、ドラマであっても

ミュージックビデオであってもというところは

あると思います。

 

普通に肉眼で見るよりもはっきりと

映ってしまう。これは本当にいいことなのか、

みえない方が雰囲気が出るようなものも

あるのではというところ。

 

よくなりすぎるということの弊害も

あるということですよね。

 

そこまでの画質で見なくても

見たいのは内容であって、画質は

関係ないのにということもあるでしょうし

悩ましいところです。

lkm512 口コミはいいの?【メイトー 顆粒タイプ】



関連記事

  1. 4K時代の時代劇
  2. 選び方を知りたい洗顔料
  3. フラッシュモブの事をいろいろと考えるなら
  4. ドラマチックな結婚式にしたい
  5. 結婚式余興サプライズのやり方を考える