自分で行うクレジットカード現金化や業者への依頼などについて

美容クリニックを殺したのはダレ > 現金化 > 自分で行うクレジットカード現金化や業者への依頼などについて

自分で行うクレジットカード現金化や業者への依頼などについて

ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化には、ネット通販や実店舗で購入した商品を売って現金を得る方法と、業者の指定する商品を購入してその業者に買い取ってもらうことで現金を得るという方法があります。
また、購入した商品を手放したくない場合は、ショッピング枠で購入した商品を質屋に預けて現金を借りるという方法もあります。
商品の価値に応じて現金を借りることができます。
商品を取り戻すためには、期日までに借りた金額と手数料を支払えば良いです。
購入した商品を売る場合には換金率の高いものを選ぶことがポイントになります。
換金率が高い商品としては、商品券や金券やゲーム機やブランド品などが挙げられます。
少しでも高く買い取ってもらうためにゲーム機であれゲームショップ、ブランド時計であればブランド買取専門店など各商品に特化した店に持ち込むことが大切です。
また、クレジットカード現金化を禁止しているカード会社が多く、転売が疑われるとカード利用停止になる場合があるので注意が必要です。
特に、ゲーム機や商品券などをまとめ買いすると、カード会社から転売を疑われる可能性が高くなります。
一方、現金化業者が間に入っている場合はカード利用停止のリスクが低くなります。
業者に依頼すると手数料が引かれ、最終的な換金率は70~80%程度になります。
換金率が50万円の商品をクレジットカードで買って業者に売ると、業者から40万円が支払われます。
しかし50万円を後でカード会社に支払う義務があるので、10万円分借金が膨らむということになります。

評判の高いビックギフト



タグ :